福島市の風俗・デリヘル熟女と源氏名

話は突然ですけど、最近の若い娘というか、子供も含めていろんな名前の子がいるんですね。

僕はゆとり世代の最初を突っ走った男ですけど、ちらほら珍しい名前はあったものの、今ほどじゃあないと思ってます。

風俗嬢の源氏名もいろいろな名前がありますよね。

名前の付け方は基本自由みたいだけど、本名の一部にしてる娘も多いみたい。

※オススメサイト・・・ナイトワークのオンナたち・第7回・源氏名の付け方 – リアルライブ

最近の流行りは「まりんちゃん」とか「きららちゃん」とか「かのんちゃん」とか・・・アニメのキャラ的な名前ですね。

しかしこれが熟女系とか人妻系とかになってくると、風俗嬢の源氏名も様変わりします。

圧倒的に増えてくるのが「・・・子」のパターン。

それはそうですよね。

世代によって名前が変わるのは当然。

45歳で「きららちゃん」とか言われたら、まず大概の人は引いてしまうでしょう。

僕が気に入っている福島市の人妻系デリヘルで、そんな話を嬢としたら、なんでも5年ほど前までは「かのん」という名前で普通のデリヘルに居たって教えてくれました。

今は「真理子」さんといういたって普通の源氏名なんですけど、当時はまだ27歳だったので、そういう源氏名を付けていたそうです。

「いやでもかのんさんでもいいかも?」とか、思ったままを言ったら

「え?そう?ちょっと若くない?」

「いやいや、そんなこと全然ないですよ。十分若いですし、色っぽいです」

などと、柄にも似合わぬよいしょ攻撃をしてしまいました。

これが功を奏したのか、このあと3回戦に突入。

すっからかんにされてしまった福島市の深夜2:00の出来事でした。

Comments are closed.